福寿鉱泉水ホームページロゴ

野菜ソムリエ ウメキタ菜子の一言アドバイス

第4回 カブの株が上がる?!

 「苦手な食べ物が、いつの間にか大好物!」なんて経験ありませんか? 煮物や焼魚が食べたくなったり、苦瓜・大根の苦味、わさび・唐辛子の辛味に 美味しさを感じたり…。嗜好は年齢と共に変わってきます。 加齢と共に健康志向になりますが、食材本来の味を堪能できるのは、 大人の特権かもしれませんね。私にとって「カブ」は、そんな食材のひとつです。
 カブと言えば春の七草。七草粥に使われるのは葉のほうですが、根茎、葉ともに 優れた成分をもっています。根は消化を助ける成分を含み、胃腸の働きを活発にします。 葉には美肌作りに役立つビタミンCやβ−カロテンが豊富。カルシウム・カリウム・鉄を含みます。 両方に含まれる辛味成分には血栓防止作用や解毒作用があり、食物繊維も豊富です。
 今回はカブと福寿鉱泉水を使った「カブのトマトスープ」をご紹介。 柔らかい味に仕上がり、和風のミネストローネといったところです。

カブのトマトスープ(73.9kcal/1人分)
カブのトマトスープ 〈材料・作り方/2人分〉
福寿鉱泉水  300ml
カブ(小)  2個
たまねぎ   1/2個
ホールトマト 1缶
コンソメ   小さじ1
オリーブ油・塩・こしょう 適宜

@ カブの根は1センチ角の角切り、葉はざく切りにしておく。
A 鍋に油を熱し、みじん切りにした玉ねぎを炒める。
B 福寿鉱泉水、カブ、トマト、コンソメをAに入れ、カブが柔らかくなるまで煮込む。
C 塩・こしょうで味を整えて出来上がり。

一口メモ(カブ)
選び方のポイント:葉がみずみずしく、つけ根がきれいなもの。
保存方法:根茎と葉に分け、水分が蒸発しないようにラップに包んで冷蔵。



野菜のチ・カ・ラページへ

お福ちゃん
福寿鉱泉水
福地産業株式会社 飲料事業部
〒899-6502
鹿児島県 霧島市 牧園町 三体堂 2306
TEL :(0995)76−2083
FAX :(0995)76−1613
Eメール:info@2910.jp
ちょう寿どん
Copyright (c) 2005 All rights reserved